ネットワークシステム全体構成

ネットワークシステムの概要

新学科システムにおけるネットワークシステムは、幹線系と端末系に分け、

  1. 基幹系:10Gbps
  2. 端末系:
    1. 有線LAN:1Gbps
    2. 無線LAN:54Mbps以上(802.11a/b/g/n)

でのネットワーク利用が可能です。

また、IPアドレス設計は、こちらにある通りです。

IPv4については旧システムのポリシーを引き継ぐ(基幹サーバーブロック、固定アドレス
ブロックについては、アドレスの移動などが必要)とともに、IPv6の本格利用を目指して、
IPv6アドレスの割り当ても行いました。
(注意:IPv6アドレスについては、総合情報処理センターから学科への割り当てアドレス
ブロックが変更になったため、近日中に再設計が行われます。)

セキュリティ管理(UTM)装置の導入

新学科システムでは、セキュリティ管理(UTM:Unified Threat Management)装置を
導入しました。
この装置は、ネットワークを流れるパケットを直接監視して、アンチウィルス機能やアンチ
スパム機能、Webフィルタリング機能を提供できるだけでなく、DoS攻撃や不正侵入通信
の防御、P2P通信など特定通信の選択的制御機能などを提供できます。
また、認証と連動したVPNサーバー機能も提供できますので、学科のVPNサービス提供
も考えられます。
(現時点では、まだUTM装置を使った通信制御は行っていません)

ネットワーク構成図(やや詳細版)

ネットワーク構成図を示します。


【ネットワーク構成図】

ネットワーク機器設置状況(405室)


【メインスイッチ・ルーター】


【無線LANコントローラー&セキュリティ装置】


【無線LANアクセスポイント】

最終更新日: 2011/04/20