iCal

※「google カレンダー」使用の方向けに、utf8に対応させました。(2010.5.13.Thu)

iCal

iCalはMacにデフォルトで入っているスケジュール管理アプリケーションです。

様々な内容のカレンダーを作成することができます。

また、自分で作ったカレンダーを公開することもできます。

カレンダーを取得する方法

下記のURLをクリック。 iCalがインストールされていると、自動で立ち上がります。

学年歴(情報工学科イベント含む):webcal://ie.u-ryukyu.ac.jp/ical/ie.ics
祝日 : webcal://ical.mac.com/ical/Japanese32Holidays.ics

※googleカレンダーで使用する場合(情報工学科イベント含む学年歴):  http://ie.u-ryukyu.ac.jp/ical/setutf8.php?ical=ie.ics
 
iCal2

また、自分で作成したカレンダーを公開したい人は、作成したカレンダーを選択してから、「ファイル」>「書き出し…」とすると.icsファイルが作成されます。このファイルを自分のサイト等に置き、そのURLを載せることで他の人がそのカレンダーを照会できるようになります。

インターネット上では個人で様々なカレンダーを作っている人もいるので、検索すればいろいろと役立つカレンダーが見つかると思います。

カレンダーの更新

常に最新のスケジュールにするために、icsファイルを更新する必要があります。 iCalでダウンロードしたファイル(スケジュール)を選びながら、 コマンド-R([カレンダー]→[更新]でも可)。

最終更新日: 2013/06/04