tcshrc

tcshの設定ファイル(.tcshrc)の書き方

サンプル

文字コードの設定です、「ls /usr/share/locale/」で表示されるもののなかから選びます

    #!/bin/tcsh
    setenv LANG ja_JP.UTF-8
    setenv LANGUAGE ja_JP.UTF-8
    setenv LC_ALL ja_JP.UTF-8
    setenv LC_COLLATE C
    setenv LC_TIME C

mnewsとCVSの設定です

    setenv CVS_RSH ssh
    setenv NNTPSERVER news.ie.u-ryukyu.ac.jp

パスを通します、パスが通ったところにあるコマンドやプログラムはどのディレクトリにいても使えます

    set path = (/usr/local/bin $path)
    set path = ($path /usr/X11R6/bin/usr/local/ws/bin)
    set path = ($path . ~/bin)
    set path = ($path /Developer/Tools)
    set path = ($path /usr/local/mysql/bin)

ディスプレイの設定

    if (! $?DISPLAY) then
     setenv DISPLAY :0.0
    endif

ブロンプトの設定です、以下は「[ユーザ名:今いるディレクトリ(絶対パス)]%」と表示

    set prompt = '[%n:%~]%%'

便利な設定

    set savehist=50   //50個前まで使ったコマンドを覚えておく
    set autolist  //Tabボタンを押した時に自動補完
    set rmster   //rm * した時に、ほんとにやっていいか聞きいてくる

以下はaliasといって、ながったらしいコマンドを簡単に使うことができるようにするものです

    alias ls "gnuls --color=auto -F --show-control-char"
    alias platex "platex -kanji=euc"
    alias finder "open -a finder"  //finderと入力するとfinderが起動
    alias diff "diff -y -W100"
    alias showall "defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE"