vi

viとは

UNIX系のOSで使えるエディタ。動作が非常に軽く、ちょっとした編集に最適。
UNIX系にはほぼ必ずインストールされているので、viを習得しておけば様々な場面で役に立ちます。


 

viの基本的な使い方

起動

    % vi ファイル名

 

viには3つのモードがあります。

  • コマンドモード
      様々なコマンドを入力するモード。基本状態。
      どのモードにあっても[esc]を押す事で、コマンドモードに切り替えることができる。
  • 入力モード
      文字をテキストに入力するモード。
      [a]や[i]や[o]などで入力モードに切り替えることができる。
  • exコマンドモード
      [:]や[/]を押したときのモード。文字列検索、ファイル保存、viの終了などをする。

以下ではコマンドモードの状態からの基本的な操作方法を示します。
 

編集モードに入る

    i

(文字列を入力し終わったら、[esc]を押しコマンドモードに戻して下さい)

保存終了

    ZZ

保存せずに強制終了

    :q!



より詳しい使い方は以下のページなどを参考にすると良いでしょう。

 

viの設定

viでutf8を使用する

設定ファイル(~/.vimrc)を以下の内容で作成

    syntax on
    set nobackup
    set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,utf-8,ucs2le,ucs-2,cp932,jis,sjis
    set fileencoding=utf-8
    set encoding=utf-8
    set termencoding=utf-8