P2Pファイル共有ソフト使用に関する注意アナウンス

情報工学科のみなさんへ

情報工学科では、P2Pアプリケーションのうち、BitTorrentなどのファイル
共有ソフトの使用を原則として禁止しています。
また、サーバー班において、学科を出入りする通信トラフィックを監視して
おり、P2Pファイル共有ソフトによる通信を検知した場合は、通信元を特定
することができるようになっています。

P2Pファイル共有ソフトによる通信の送信元を特定した場合は、各年次担当
教員又は研究室指導教員に連絡し、使用者を指導することになっています。
また、必要理由なしにP2Pファイル共有ソフトの使用を繰り返す使用者に対
しては、学科として何らかのペナルティーを課す場合もあります。

P2Pは有用な技術ではありますが、P2Pファイル共有ソフトによる著作物の
違法流通が後を絶たないため、やむを得ずこのような措置を取っています。
なお、正当な理由・目的のもとでP2Pファイル共有ソフトを使用する場合は、
事前(or事後速やかに)にその旨をサーバー班まで報告して下さい。
報告がない場合は、検知後に個別に事情を確認させて頂く場合があります。

以上です。

——-
To users,

In our department, we are prohibited from using P2P file-sharing
software. Since we are monitoring communication traffic, we can find
the user of P2P file-sharing software.
If you use P2P file-sharing software for the just purpose, contact
the following e-mail addresses.
-> sys-admin@ie.u-ryukyu.ac.jp

Your understanding would be appreciated.

System administrator @ dept. of I.E.

最終更新日: 2012/07/04