知的制御工学研究室(宮城研)

研究内容
本研究室では, ファジィ理論, 意思決定支援システム, 最適経路探索アルゴリズム, 時空間地理情報システム, 人工知能情報処理に関する研究を行っている. これらの研究により, アルゴリズム開発, システムの信頼性向上, 高機能化, 高性能化などの技術の確立を目指している.
WEB 配信用教育コンテンツの作成と評価
教育効果を上げるWEB 配信用教育コンテンツの作成を考える. ファジィ理論を用いて問題項目の関連構造を分析し, 学習者の解答結果をもとに, 理解度や達成度などの学習者の特性解析を行うことにより,効率的かつ効果的な学習支援のシステムを構築する.
価値の時間変化を考慮した最適観光経路問題とその解法
時間によって変化する旅行時間や観光スポットの価値を考慮した最適観光経路問題を定義し, その解法を示す. 本問題は, まず各ノードに価値と滞在時間, 各エッジに旅行時間を対応させた完全グラフを考える. そこで指定された到着時刻を制限時間とし, その制限時間内で, 出発点から到達点に到達することのできる最適経路を探索する問題である.
ANP(Analytic Network Process) による意思決定支援システムの開発
人間は日常生活を営む上で様々な意思決定場面に遭遇する. 人間の意思決定過程を分析し, 意思決定を支援するシステムについて考える.
三次元GIS による案内地図の生成
三次元GIS は, 他のシステムとデータの互換性が低いことを課題としている. そのため, 誰もが利用できる三次元GIS は少ない. そこで, データの互換性が高く, 仮想現実を実現できるVRML に注目した. 本研究では, 地図情報保持に特化したG-XML から,XML 形式データの変換可能であるXSLT を用いた変換を行い,VRML による三次元地図を生成することでweb 上から閲覧できる三次元GIS を構築する.
時空間GIS( 地理情報システム) における地図生成
サイバーライフ空間としてのGIS 利用法について考える. すなわち, 時々刻々変化する人間の行動や自然現象を時空間データととらえ, これらのデータをGIS 上で表現する方策について考える.