複雑系工学研究室(山田研)

研究内容
沖縄の海にも見られるクモヒトデ型のロボットを開発しています.自然界の複雑な機能組織および現象をエージェントと呼ばれるコンピュータ制御プログラムの集団により構築することを目指しています.環境とインタラクションにより淘汰されて来た自然界のシステムは,海のクモヒトデのように高等な知能は持っていないにもかかわらず複雑な動作が可能なように,まだまだ私たちが作成するプログラムやロボットより単純にも関わらず高度な機能を持っています.私は,人間,ソフトウェア,ロボット,環境それぞれのインタラクションのなかから生み出される「知」と「身体性」に注目し,ロボットやソフトウェアエージェントの適応,学習能力の向上について検討しています.

近い将来訪れるロボット社会において,いかにロボットに物事を教えるか,どのようにロボットを利用するか,そして,どのようにロボットとつき合うかという問題への取り組みになります.これは,最終的には,ロボットを介したヒュ-マンインタラクションすなわち人間自身の研究になることでしょう.
最終更新日: 2010/12/29