Takeo OKAZAKI

okazaki
Faculty: Faculty of Engineering Department of Information
EngineeringPosition: Assistant Professor









Profile

Research Field
  1. Basic Genome Science
  2. Media Informatics/Data Base
  3. Statistical Science
  4. Geography
  5. Information Library Science/Humanistic Social Informatics
  6. Keywords:Genome Informatics , Tourism Informatics , Geographic
  7. Information Systems
Current Subject
  1. Genetic Network Analysis with Probabilistic Model
    , 1994 –
  2. Social Behavior Analysis with Covariance Structure Model
    , 1989 –
Academic Societies
  • Academic Societies
    1. Information Processing Society of Japan
    2. Geographic Information Association
    3. The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
    4. Japanese Society for Bioinformatics
    5. Japan Statistical Society
    6. Japanese Society of Computational Statistics
    7. The Behaviormetric Society of Japan
Research Career
  • Research Career
    1. 1997 – , University of the Ryukyus, Faculty of Engineering, Assistant Professor
    2. 1995 – 1997 , University of the Ryukyus Senir Assistant
    3. 1989 – 1995 , Faculty of Science, Kyushu University

Research

Books&Articles
  • Books
    1. 共分散構造分析構造方程式モデル[技術編]
      , 朝倉書店 2003(Jun.)
      Author:豊田秀樹 他

    Articles

    1. PageRank based Score Function for Orientation to Genetic Causal Network
      , Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications , :364-367 2009(Jul.)
      Author:Hitoshi Afuso, Takeo Okazaki, Morikazu Nakamura
    2. Web-Based Analytical Tool for Visual Depiction, Exploration and Mapping of Gross National Happiness Spatial Data
      , Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications , :893-896 2009(Jul.)
      Author:Sonam Tshering, Takeo Okazaki
    3. Statistical Comparative Study of Multiple Sequence Alignment Scores of Iterative Refinement Algorithms
      , IPSJ Transactions on Bioinformatics , 2:74-82 2009(Jun.)
      Author:Daigo Wakatsu, Takeo Okazaki
    4. 琉球大学入学者アンケート結果に基づく入試方法の検討
      , 大学入試研究ジャーナル , 19:89-94 2009(Mar.)
      Author:黒田登美雄, 西本裕輝, 岡崎威生
    5. Model to Quantify Cognitive Wellbeing and Map the Quantified Indices onto Districts
      , The8-th International Conference on Applications and Principles of Information Science , :43-47 2009(Jan.)
      Author:Sonam Tshering, Takeo Okazaki
    6. Resource assignment and scheduling based on a two-phase metaheuristic for cropping system
      , Computers and Electronics in Agriculture , 66(2):181-190 2009
      Author:Senlin GUAN, Morikazu NAKAMURA, Takeshi SHIKANAI, Takeo OKAZAKI
    7. Systematization of the Reasoning Model Treating Fuzzy Events
      , INFORMATION , 11(3):279-291 2008(May)
      Author:Rumiko Azuma, Hayao Miyagi, Takeo Okazaki
    8. Hybrid Petri nets modeling for farm work flow
      , Computers and Electronics in Agriculture , 62:149-158 2008(Mar.)
      Author:Senlin Guan, Morikazu Nakamura, Takeshi Shikanai, Takeo Okazaki
    9. Two phase evolutionary method for multiple sequence alignments
      , Optimization and Systems Biology, Lecture notes in Operations Research , :43-47 2007(Sep.)
      Author:Farhana Naznin, Morikazu Nakamura, Takeo Okazaki, Yumiko Nakajima
    10. An evolutionary progressive multiple sequence alignment
      , Proceedings of the 2007 IEEE Congress on Evolutionary Computation , :3886-3893 2007(Sep.)
      Author:Farhana Naznin, Morikazu Nakamura, Takeo Okazaki, Yumiko Nakajima
    11. Scheduling for farm work planning based on Petri net model and simulated annealing
      , Agricultural Information Research , 16(3):188-195 2007(Sep.)
      Author:Senlin Guan, Hirofumi Matsuda, Morikazu Nakamura, Takeshi Shikanai, Takeo Okazaki
    12. 高校新教科「情報」の履修状況とその平均的な習得レベル
      , コンピュータ&エデュケーション , 21:30-35 2006(Dec.)
      Author:黒田登美雄, 岡崎威生
    13. Evolutionary Computing of Petri Net Structure for Cyclic Job Shop Scheduling
      , IEICE transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences , E89-A(11):3235-3243 2006(Nov.)
      Author:Morikazu NAKAMURA, Koji HACHIMAN, Hiroki TOHME, Takeo OKAZAKI, Shiro TAMAKI
    14. An Influence Character of Network Objects using Link Structure
      , Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications , :37-38 2005(Jul.)
      Author:Hitoshi Afuso, Takeo Okazaki
    15. An Autonomous Decentralized Approach for Vehicle Routing Problems
      , Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computer and Communications , :13-16 2001(Jul.)
      Author:Youta Shinzato, Morikazu Nakamura, Takeo Okazaki, Shiro Tamaki, Kenji Onaga
    16. BONSAI Garden: parallel knowledge discovery system for amino acid sequences
      , Proceedings of the Third International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology , :359-366 1995(Oct.)
      Author:Takayoshi Shoudai, Michael Lappe, Satoru Miyano, Ayumi Shinohara, Takeo Okazaki, Setsuo Arikawa, Tomoyuki Uchida, Shinichi Shimozono, Takeshi Shinohara, Satoru Kuhara
    17. Alphabet indexing by Cluster Analysis: A Method for Knowledge Acquisition from Amino Acid Sequences
      , Proceedings of Genome Informatics Workshop 1994 , :176-177 1994(Dec.)
      Author:Hideaki Nakakuni, Takeo Okazaki, Satoru Miyano
    18. BONSAI Garden: Parallel Machine Discovery System for Sequences
      , Proceedings of Genome Informatics Workshop 1994 , :228-229 1994(Dec.)
      Author:Takayoshi Shoudai, Tomoyuki Uchida, Satoru Miyano, Ayumi Shinohara, Shinichi Shimozono, Takeo Okazaki, Takeshi Shinohara, Satoru Kuhara, Setsuo Arikawa
    19. Pooling Data Procedure in Factor Analysis
      , Proceedings of 4th Japan-China Symposium on Statistics , :236-238 1991(Nov.)
      Author:Takeo Okazaki
    20. Pooling of Data and Estimation after a Preliminary Test
      , Theory and Applications in Computational Statistics , :45-57 1991(Mar.)
      Author:Takeo Okazaki
    21. On Preliminary Test Estimator for Median
      , Engineering Science Reports, Kyushu University , 12(3):21-22 1990(Oct.)
      Author:Takeo Okazaki
    22. On Estimation of Median with a Preliminary Test
      , Proceedings of 3rd Japan-China Symposium on Statistics , :351-354 1989(Nov.)
      Author:Takeo Okazaki
    23. On Sometimes Pooling of Data in View of L1-Measure
      , Quality for Progress and Development , :645-653 1989(Oct.)
      Author:Takeo Okazaki
    24. NISAN and Micro-NISAN Systems for Tools of Designing Sampling Inspection Plans
      , Quality for Progress and Development , :590-600 1989(Oct.)
      Author:Chooichiro Asano, Kazunori Yamaguchi, Takeo Okazaki

    Presentations

    1. A Study of DNA assembly algorithm using shortest common superstring problem
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2010-BIO-22 2010(Jul.)
      Author:Ayako OHSHIRO, Takeo OKAZAKI, Hitoshi AFUSO, Morikazu NAKAMURA
    2. Genetic Network Similarity based on Alignment Score
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2010-BIO-22 2010(Jul.)
      Author:Hitoshi AFUSO, Takeo Okazaki, Morikazu Nakamura
    3. DNAチップを用いた遺伝子群発現解析に基づいて植物エキスの機能特性を評価する試み
      , 日本農芸化学会関西中四国・西日本支部沖縄大会 2009(Nov.)
      Author:岡田吉央,丹治雅夫,井上暁夫,山地亮一,中野長久,乾博,岡崎威生,名嘉村盛和,広瀬牧人,市場俊雄,玉村隆子
    4. Webストリーミングサーバーによる情報倫理教材の動画配信について
      , 平成21年度情報教育研究集会報告集 , :187-190 2009(Nov.)
      Author:岡崎威生,庄司博光,大川康治,久保田恵子,黒田登美雄
    5. ライントポロジー上の並列進化ツリーベース法によるマルチプルアラインメント問題の解法
      , 電子情報通信学会コンカレント工学研究会 2009(Jan.)
      Author:勝美秀仁, 名嘉村盛和, 岡崎威生
    6. 島モデル並列GAにおける多様性の実験評価
      , 進化計算シンポジウム2008 2008(Dec.)
      Author:宮城隼人, 岡崎威生, 名嘉村盛和
    7. Genetic Network Estimation with Covariance Selection and Score Function based on PageRank
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2008-BIO-13:5-8 2008(Jun.)
      Author:Hitoshi Afuso, Morikazu Nakamura, Takeo Okazaki
    8. Statistical Comparative Study of Multiple Sequence Alignment Score with Iterative Algorithms
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2008-BIO-13:1-4 2008(Jun.)
      Author:Daigo Wakatsu, Morikazu Nakamura, Takeo Okazaki
    9. 那覇通勤圏における交通シミュレーションを用いた車々間通信とVICSの比較
      , 第22回人工知能学会全国大会 2008(Jun.)
      Author:赤嶺有平, 遠藤聡志, 岡崎威生, 根路銘もえ子
    10. 共起を利用したテキスト・クラスタリングにおける最適化問題
      , 人工知能学会知識ベースシステム研究会 , SIG-KBS-A703-05:21-26 2008(Jan.)
      Author:齊藤秀和, 遠藤聡志, 岡崎威生
    11. 粘菌モデルによるエリア生成
      , GISA沖縄2007年度研究会 2007(Dec.)
      Author:嘉数拓也, 岡崎威生
    12. 琉球大学における情報教育システムについて
      , 平成19年度情報教育研究集会報告集 2007(Dec.)
      Author:黒田登美雄,岡崎威生,大川康治,庄司博光
    13. 琉球大学における情報処理教育システムの現状と今後の課題について
      , 第56回九州地区一般教育研究協議会報告集 2007(Sep.)
      Author:黒田登美雄,岡崎威生,大川康治,庄司博光
    14. 共起を用いたWebテキストの自動分類
      , 人工知能学会知識ベースシステム研究会 , 77:1-6 2007(Mar.)
      Author:平良正治, 遠藤聡志, 岡崎威生
    15. 遺伝子発現データからの共分散選択と因果合流制約に基づく有向グラフ抽出
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2006-BIO-6:9-15 2006(Sep.)
      Author:安富祖仁, 岡崎威生, 名嘉村盛和
    16. BICモデル比較によるDNAマイクロアレイデータ正規化変換
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2006-BIO-5:53-58 2006(Jun.)
      Author:岡崎威生, 神谷円, 安富祖仁, 名嘉村盛和
    17. 複数の最小木を考慮した確率的進化計算による遺伝子発現データ・クラスタリング
      , 情報処理学会バイオ情報学研究会 , 2006-BIO-5:59-64 2006(Jun.)
      Author:波平光洋, 名嘉村盛和, 岡崎威生, シバスンタランスハルナン
    18. 電子マネー決済ログによる消費行動パターン分類
      , 電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会 , 105(652):13-18 2006(Mar.)
      Author:石原洋, 遠藤聡志, 當間愛晃, 岡崎威生, 宮城渉, 大城翔, 植木宏, 高野敦伸, 稲荷幹夫, 比嘉徹
    19. 電子マネー顧客分類のための手法検討と解析結果に関する報告/自己組織化マップと協調フィルタリングを用いたクラスタリング
      , 電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会 , 105(652) 2006(Mar.)
      Author:當間愛晃, 遠藤聡志, 岡崎威生, 石原洋, 宮城渉, 大城翔, 植木宏, 高野敦伸, 稲荷幹夫, 比嘉徹
    20. 観光情報Webサイトに対する評価システムのための旅行キャリアレベルモデルを用いた旅行者目的の表現
      , 電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会 , 105(270):7-11 2005(Oct.)
      Author:高志武綾, 遠藤聡志, 岡崎威生
    21. 遺伝子ネットワーク推定のための発現データ特性解析
      , 電子情報通信学会コンカレント工学研究会 , 105(160):1-5 2005(Jul.)
      Author:神谷円, 岡崎威生
    22. ベイジアンネットワークによる遺伝子ネットワーク推定
      , 電子情報通信学会コンカレント工学研究会 , 104(593):25-29 2005(Jan.)
      Author:曹貴美, 岡崎威生
    23. 共分散構造モデルによる地下水位予測
      , 地理情報システム学会 , 13:327-330 2004(Oct.)
      Author:我如古都月, 岡崎威生
    24. 遺伝子ネットワークのペトリネットモデルとその同定
      , 電子情報通信学会2002年ソサイエティ大会 2002(Sep.)
      Author:林哲矢, 名嘉村盛和, 岡崎威生
    25. オブジェクト間の非類似度による座標配置
      , 火の国情報シンポジウム 2002 , :311-317 2002(Mar.)
      Author:砂川慶考, 岡崎威生
    26. ニューラルネットによる順序過程生成
      , 電子情報通信学会ヒュマンインターフェース研究会 , 101(594):7-11 2002(Jan.)
      Author:仲村卓也, 岡崎威生
    27. 2003年から開始される高校新教科「情報」の必修化に向けて
      , 平成13年度情報処理教育研究集会 2001(Dec.)
      Author:黒田登美雄, 岡崎威生
    28. 共分散構造モデルによる地下水位予測
      , 沖縄情報通信ワークショップ2001 2001(Oct.)
      Author:花城可恭, 岡崎威生, 黒田登美雄
    29. 配送経路問題における自律分散解法
      , 地理情報システム学会 , 10:139-142 2001(Oct.)
      Author:新里洋太, 名嘉村盛和, 岡崎威生, 玉城史朗, 翁長健治
    30. ニューラルネットを用いた教示のための学習過程生成
      , 沖縄情報通信ワークショップ2000 2000(Oct.)
      Author:仲村卓也, 岡崎威生
    31. 電子メール利用におけるPC指向とWS指向の場合の意識比較
      , 平成8年度情報処理教育研究集会 1996(Dec.)
      Author:岡崎威生, 黒田登美雄
    32. 全学共通教育としての「情報処理教育」の基準化について
      , 黒田登美雄, 岡崎威生, 米盛徳市, 鶴岡知昭, 伊佐正勝, 長内克典 1996(Dec.)
      Author:黒田登美雄, 岡崎威生, 米盛徳市, 鶴岡知昭, 伊佐正勝, 長内克典
    33. 一般情報処理教育導入段階におけるネットワーク・リテラシと諸問題
      , 平成7年度情報処理教育研究集会 1995(Dec.)
      Author:岡崎威生, 黒田登美雄
    34. 表計算ソフトを利用した授業「情報分析入門」ついて
      , 平成7年度情報処理教育研究集会 1995(Dec.)
      Author:黒田登美雄, 岡崎威生, 鶴岡知昭
    35. Tobitモデルに対するロバスト分析
      , 第61回日本統計学会大会 1993(Jul.)
      Author:渡邉美智子, 山口和範, 岡崎威生
    36. 調査票の分割・併合による社会調査の効率化
      , 科研費重点領域研究「情報社会システムにおける人間行動の潜在構造的研究」研究集会 1992(Aug.)
      Author:岡崎威生
    37. 因子分析における資料併合について
      , 統計サマーセミナー 1991(Aug.)
      Author:岡崎威生
    38. 因子分析における標本の分割と併合
      , 科研費重点領域研究「情報社会システムにおける人間行動の潜在構造的研究」研究集会 1991(Mar.)
      Author:岡崎威生
    39. 「現代青年の芸術意識と芸術活動調査」における潜在構造モデル
      , 科研費重点領域研究「情報社会システムにおける人間行動の潜在構造的研究」研究集会 1991(Feb.)
      Author:岡崎威生, 浅野長一郎
    40. メジアンに対する予備検定推定量について
      , 日本数学会九州支部会 1990(Dec.)
      Author:岡崎威生
    41. メジアン推定における予備検定の利用
      , 第4回日本計算機統計学会 1990(May)
      Author:岡崎威生
    42. 予備検定推定量の評価について
      , 医療情報解析研究会 1989(Dec.)
      Author:岡崎威生
    43. 予備検定推定量のL1-measureによる評価
      , 第57回日本統計学会 1989(Jul.)
      Author:岡崎威生, 浅野長一郎
    44. 正規標本におけるある予備検定推定について
      , 日本数学会1988年度秋季総合分科会 1988(Oct.)
      Author:岡崎威生

    Research Grants

    Cooperative research with industry

    1. 2005 – 2005 , 大腸菌の培養環境を利用した遺伝子機能マイニングシステムの研究開発

    Research Activities

    Journal Reviewer

    1. 2006 – , 観光情報学会
    2. 2003 – , 地理情報システム学会

    Guest Researchers

    1. 2005 – 2005 , 中国雲南農業大学Lu Shaokun氏を農業生産品質管理に関する研究のため招聘

    Travelling Overseas

    1. 2003 – 2003 , 米国国務省招聘による米国研究交流

Contact

Address: 1 Senbaru,Nishihara,Okinawa
TEL: +81-98-895-8903FAX: +81-98-895-8727
Mail Address: okazaki@ie.u-ryukyu.ac.jp
Web Site: http://www.ms.ie.u-ryukyu.ac.jp/