Homebrewとは

Mac OS X上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システム

パッケージ管理システムとは、パッケージのインストール(アンインストール)作業を一元的管理するものです.実行ファイルや設定ファイル,ライブラリetcを一つのファイルとしてまとめているものをパッケージと呼びます.

homebrew公式サイトhomebrew公式サイト

導入方法

以下のコマンドを実行します。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

コマンドの説明

$ brew install (package名)
packageをインストールします.

$ brew uninstall (package名)
packageをアンインストールします.

$ brew cleanup
古いバージョンのpackageを削除します.

$ brew update
homebrewとpackageをアップデートします.

$ brew upgrade
更新のあるpackageを再ビルドします.

$ brew doctor
brewに問題がないか調べます.

$ brew tap (ユーザ名)/(リポジトリ名)
公式以外でpackageを公開しているリポジトリをhomebrewに取り入れ,扱うことができます.

$ brew untap (ユーザ名)/(リポジトリ名)
tapしたリポジトリを削除できます.

$ brew list (package名)
インストールしたディレクトリのパスが表示されます.
package名を入れなければ,インストール済みのpackageを確認できます.

$ brew search
インストール可能なpackageを検索できます.

Homebrew Caskについて

アプリケーションもインストールできるHomebrewの拡張

コースのリポジトリについて

一部のインストール大会で使用したものや,ファイルサイズの大きいパッケージやアプリケーションはコースのキャッシュから取れるように作成してあります.
https://github.com/ie-developers/homebrew-ie

利用例

$ brew cask install ie-developers/ie/mactex

コース用に formula を作って欲しい場合やキャッシュを作って欲しい場合は sys-admin@ie.u-ryukyu.ac.jpまでご連絡ください.

EasyPackageについて

コース推奨のpackage管理ソフトのepkgのサポートを終了したのでHomebrewに移行しました.(2015/04/03)

削除方法について

・EasyPackageでインストールしたものを表示する
$ epkg ls

・EasyPackageでインストールしたものを削除する
$ sudo epkg del (package名)

・EasyPackageを削除する
$ sudo rm -f /usr/local/bin/epkg
$ sudo rm -rf /usr/epkg
$ sudo rm -rf /var/db/epkg
$ rm -rf /Applications/EasyPackage.app