(関連話) ランキングから見た沖縄県の特徴?

これまでに2種類の貧困率を基準にした概況を眺めてきました。貧困率についての大まかなイメージは掴めたかと思いますが、ここまで全国と比較して貧困率が高いのは何か特別な要因があるはずです。その一つの視点として沖縄県のランキングを眺めてみましょう。

[ ランキングから見た沖縄県の特徴? ]

 貧困というキーワードに直接関与してそうな最上位(最下位)項目を眺めてみると、次のような項目が並んでいます。

 ざっくりとまとめると、全国的に出生数・出生率の低下が叫ばれているのに対し、沖縄は合計特殊出生率1位。一方で離婚件数も1位と高く、結果としてひとり親世帯が多い。加えて、完全失業率・非正規雇用率も高く、貯蓄額の低さに繋がっているように見えますね。失業率・非正規雇用率の高さにどの程度関連してるかわかりませんが、飲食店営業数がかなり高いようです。
 収入・貯蓄面ではダントツで最下位にも関わらず、生活保護受給世帯数は少しだけ下がって4位らしい。生活保護世帯の捕捉率は全国平均より低いという話もありましたね。
 離婚率の高さに関係していそうな項目は、DV保護命令既済件数の高さ(3位)ですかね?(悲しい現実)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク