Message

修了生からのメッセージを紹介します。

2017年度修了生

チーム名:ar_h
開発プロダクト:子供向けアプリ『おままごとハウスプロジェクト』
2017年度 enPiT BizSysD分野ワークショップにて優秀賞(第1位)を受賞しました。

喜友名優花
enPiTを受講しようと思ったのは、2年次のときにモデリングと設計の講義を受けてiOSアプリを制作したことがきっかけです。この講義でアプリを開発してる際に、チームで動いている感じがあまりなく、最終的に作ったアプリはどの機能も中途半端で終わっていました。そのとき、チーム開発で大切なことは何だろう?実際にアプリ開発を行うときどのような工程を踏むのかな?と疑問に思い、この疑問を解決するためにenPiTの受講を決めました。静岡での合宿ではアジャイル開発について学び、チームで協力し沢山の紙飛行機を作り飛ばしたり、折り紙や部屋にあるものだったら何でも使っていいというルールで工作をしたり、GitHubやテスト駆動開発でペアプログラミングをやったり、とても楽しくて時が過ぎるのがあっという間でした。3年後期の実験では合宿や事前講義で学んだことを生かして開発を行いました。上手くいかないことや、コミュニケーションが取れず誰が何をやっているのか分からないときもあったが、チームで話し合って1つ1つ解決していくことができました。もし、enPiTを受講するかどうか迷っている人がいるなら、受講すべきだと思います!私は、いざenPiT受講の申し込みをしようと思ったとき、チーム開発について学びたいけどRuby書けないし…そのせいで誰かに迷惑かけたらどうしようと悩み、受講するかどうか迷いました。しかし、受講してみて思ったことは、受講してよかった!!っていう一言で、何で受講しようかどうか迷ったんだろうと思ったくらいです。受講してなかったら、すごく後悔していたと思います。このような機会は滅多にないと思うので、ぜひ受講してみてください!

永田有海
enpit受講を決意したのは、1、2年次でアルバイトと課題に専念していたため、3年次は挑戦する年にしようと思っていたのと、名嘉村先生にプログラミングスキルに関して不安だと相談したら、そういう人こそ参加するべきだよ、と背中を押していただいたことがきっかけでした。
お洒落なロッジ、ユーモアな講師陣に囲まれて楽しくワークショップを行い、夜は美味しいお酒を飲んで皆で卓球したり、林檎の浮かんだ浴場に入ったりと、夏合宿はとても最高でした。ワークショップでは、折り紙を使ったり、チームで支え合って作業したり、テスト駆動開発もペアプログラミングで一緒に行なうため、参加当初に感じていたスキル面の不安は不要なものだったと実感しています。実験ではスクラム開発を実践する中で、チームならではの問題が徐々に浮上して如何に解決するか考えたり、チームで毎週デモができたことの達成感を味わったりなど、起こる1つ1つの出来事がとても楽しく感じました。
enpitに参加してからは学びばかりで、とても充実した日々を過ごせました。enpitを受けた先輩楽しそうだったな、と印象のある方は是非参加しましょう!

嘉数りさ
チーム活動が不安であまりプログラミングに自信もありませんでしたがプログラミングができなくても参加してよいとのことだったので思い切って参加しました.
チームを結成して開発を始めた当初は何もわからない中でARのアプリをつくることと
個人の作業量がとても多くなってしまい苦しかったです.しかし,TAや担当教員に技術相談のサポートをしてもらうことができるのでそこでわからないことを解決することができました.
チームで楽しくできるにはどうしたら良いのか,またなかなか集まることができない中でslackを活用して個人のYWTの報告するなどの工夫,タスクを楽に消化できるように2人で1つのタスクを担当するなどのチームでいかに楽に開発できるかを学ぶことができました.

大城由也
enPiTを受講したのは、せっかく大学に入学したのに何もしないのは勿体無いんじゃないかと思ったからです。実際に参加してみて、大きなものを作り上げることができるチームの力の大きさと、そのチームでものづくりする際の辛い面(意見に納得がいかなかったり、うまく気持ちを伝えられなかったり)を感じました。チームメンバーにはたくさん迷惑をかけましたし、自分の至らない部分、嫌な部分もたくさん見ることになりましたが、受講して後悔はしてません。次年度のenPiTを受講しようか迷っている方にはオススメしたいです。

修了生のブログもご覧ください♪「enPiTを終えて」

 

2016年度修了生

チーム名:4代目 RyuPiT brothers
開発プロダクト:『Suitell』 飯、待てぬ、食わねば。 Suitellサイト
比嘉 明周
私がenPiTを受講したのは、大学ではできなかった実践的なアプリ開発ができるからです。
私たちは琉球大学院生5人で「Suitell」という飲食店の混雑状況を共有するwebアプリを制作しました。
プロダクトオーナーとして、ユーザーストーリーを考えることが大変で、開発者目線ではなくユーザー目線で、この機能を実装することにはどのような価値があるのか、それは一番求めているものなのか、常に客観視する必要がありました。
技術は講義で学べますが、実際には様々なトラブルが発生します。しかし、そのようなトラブルを解決した時は喜びがあり、自身の成長も感じます。また、チームで作業することで、自分では気づかなかった視点やアイディアを得ることができました。enPiTに参加することで、まさに「実践的」な経験を得ることができました。

 

糸洲 昌隆
enpitプログラムの受講のきっかけは、友達や先輩からの紹介でした。先輩の話では、大学では学ぶことができない本格的なアプリ開発を経験することができると聞いたので、これまでまともなアプリ開発をしてこなかった自分を改めるために受講しました。一緒に組んだチームメンバーは普段から話し慣れている琉球大学の同期だったので、話し合いでは衝突や脱線が多かったですが、スムーズにスクラム開発をこなすことができました。私たちのチームのプロダクトもそれなりに評価されましたが、開発の中でチームが誰一人欠けることなく開発を終えたことや、KPTやコアタイムなどの開発のプロセスを真面目に取り組むことができたことが私たちのチームの評価すべき点だと個人的に思っています。enpitプログラムではお金や大学の単位とは比較にならないような知識と経験を得ることができました。アプリを作ってみたい、チームで開発がしたい人はenpitに参加しても後悔はないと思います。

 

伊藤 巧
私がenPiTプログラムに参加した理由は、同じ大学から参加した先輩の「開発が好きなら参加するだけで楽しいし、将来エンジニア職に就くつもりなら良い経験になると思うよ。」と言う薦めがあったからです。私自身で実際に参加してみて、実際の開発手法に触れることで、エンジニア職がどのような物かを体験することができたと思います。例えば、発案時には、社会に居る人々(実際には、自分たちの周りの人達や自分達など)が、困っていること、あるいは不便に思っていることは何かと言うことを話し合いの中で想定したり、開発時には、使う人が欲しいと思う機能や見ただけで内容が分かるUI、使ったことが無い人がやりたくなる特典(サービス内ポイントやゲーミフィケーション要素の追加など)などの、ユーザ側の視点における工夫を施したり、運営時には、テストユーザの募集および、フィードバックを得るための工夫(問い合わせフォームの作成など)などの、実際に使っているユーザの意見の共有化を行い、開発したサービスをより良い物にするための行動をしたりなど、ただ話を聞いているだけでは分からない、実際に手を動かして、サービスを開発・運用することでしか経験できないようなことを行えたと思っています。この経験は、エンジニア職だけでなく、サービスの開発・運営を行うノウハウとして、どの職業にも役立つ物だと感じました。なので、この機会に皆さんぜひ受けてみて下さい。

 

儀保 敬人
enPiTでは学ぶことが多く、とても成長することができました。
RailsやGitHubなどの技術面はもちろん、アジャイル開発やチームで一つのプロダクトをつくるという経験を身につけることができました。チームでなかなか意見がまとまらないことなど大変なこともありましたがこれも一人ではできない良い経験で、繰り返すことで良くなっていきました。
困ったことがあれば、先生方やメンターの方々からアドバイスも貰えるので良い環境で学ぶことが出来ると思います。
ここでは書ききれないくらい得たものがあったので、enPiTに参加して良かったです。ありがとうございました!