山田です.特別講演会のお知らせです.
ITによる沖縄の将来への重要なヒントを 見いだせるでしょう.
ぜひ参加してください.


特別講演会

「IT活用による地域のデザイン」

-北海道 函館、韓国 済州島の場合-

特別講演1

新生函館地域デザインに果たす公立はこだて未来大学の役割

中島 秀之 氏
公立はこだて未来大学 学長

情報技術(IT)は社会の新しい仕組みを創る能力を持っている。ただし、この実現には技術だけではなく新しい社会をデザインすることが大切である。函館を舞台に展開しようとしているスマートシティーはこだてを例に、IT による新しい町創りの可能性を当事者に語っていただく。

特別講演2

The Insight of Jeju Free International City
~自由な国際都市実現へ向けて 済州島の場合~

夫 元均(Boo Won-Kyun)氏
Jeju Free International City Development Center(大韓民国 済州国際自由都市開発センター)ゼネラル ディレクター

かつては王朝であり、沖縄の約半分の規模を持つ、韓国済州島は、軍事、外交以外完全にその自治権を確立し、IT をベースにして、最先端国際自由都市国家を実現しつつあり、国際的に注目されている。彼等はいかにこれに取り組んできたか、そのインサイドレポートを当事者に語っていただく。

  • 日時:11月25日(金)16:00~18:00(15:30開場)参加無料
  • 会場:株式会社 琉球新報社(本社ビル)2階 多目的ホール(新都心58号線沿い)
  • 場所: 那覇市天久905沖縄県委託事業-
  • 主催: 株式会社沖縄TLO -沖縄県委託事業-
  • 監修: 沖縄県政策参与 嘉数侑昇
  • 後援: 琉球新報社
  • 問合先: 株式会社沖縄TLO 産業政策支援グループ

講演趣旨

  • 公立はこだて未来大学では、北海道函館地域を中心に、実践型IT人材育成、スマートシティ構想等、数多くの地域密着型ITプロジェクトを実施し、ITを活用した新生函館地域のデザインの取り組みが注目されている。
  • また、韓国における済州特別自治道は、地域自治体自身により、IT を基盤とした21世紀型自由国際都市のデザイン・プロジェクト群を実施中である。
  • 本講演会は、それぞれの総指揮者の講演を通して世界における先端的取り組みの一端を知り、理解することを目的とする。

プログラム

  1. ごあいさつ(16:00~16:10)嘉数 侑昇 氏「高度情報通信人材育成機関構想啓発事業」 アドバイザー沖縄県 政策参与
  2. 特別講演(16:10~17:00)中島 秀之 氏公立はこだて未来大学 学長
  3. 特別講演(17:00~17:50)夫 元均 Boo Won-Kyun 氏Jeju Free International City Development Center(大韓民国 済州国際自由都市開発センター)ゼネラル ディレクター
  4. 質疑応答(17:50~18:00)
  5. 閉会(18:00)

参加申し込み先:
Tel: 098-895-1701
Fax: 098-895-1703
E-mail:churaproject3@gmail.com

IT活用による地域のデザイン講演会案内申込PDF

 

[最終更新日]2011/12/08